★最安値公式サイトはこちら!★
ブラントゥース

プレミアムブラントゥースで歯を白くする方法を大公開

あっという間に人気が出たプレミアムブラントゥース。今は新規で申し込むユーザーの在庫が品薄状態だそうです。実際に使ってみた人の体験談をみてみると、中にはホワイトニング効果が実感できなかったという声もチラホラ見かけます。

このページではプレミアムブラントゥースの効果を最大限に感じられる使い方、事前に知っておくべき注意点をまとめましたので、ぜひチェックなさってください!

歯が黄ばんで茶色くなるメカニズムを知り白い歯をGET

 

歯のホワイトニングをしていきたいならば、そもそもなぜ歯は黄ばんでしまうのか・・・ということを知っていくことも重要となります。歯のホワイトニングで重要な情報となる歯の黄ばみの原因、正しいケア方法等を知っておきましょう。

歯の黄ばみや黒ずみの原因6選

プレミアムブラントゥースの公式サイトを見てみても、歯はなぜ着色汚れが起きるのか、その大きな原因について6つの点が紹介されていますよ。

1.タバコのヤニによる着色

 

室内でタバコを吸っていれば、部屋の壁紙などにも黄ばみが出てきます。この黄ばみは拭いただけでは簡単にはとれないほど頑固な汚れです。そんな煙を口の中に入れるのですから、歯の着色汚れも当然でしょうね。

タバコを吸っているとヤニ汚れにより歯の黄ばみが発生します。さらに口臭も酷くなりますし、タバコ独特の黄ばみや臭いは初対面の相手にも一発で分かりますし、吐いた息だけでも喫煙者だと分かってしまうくらいのレベルです。

2.飲食物による着色

歯の着色汚れとしては、煙草以外にもワインやコーヒー、紅茶などが有名です。健康に役立つポリフェノールを豊富に含む食べ物や飲み物も着色汚れに関係してきます。さらに日々の食事で使うことが多い醤油やケチャップ、ソースといった類も同様です。これらはの服にこぼしてしまうとシミになりますよね。そういったものも歯の着色の原因になります。

3.歯磨きのしすぎ

 

歯を白くしたい!白いままキープしたい!これ以上着色汚れを悪化させたくない!そんな思いから毎日入念に歯磨きをしている方もいらっしゃると思います。けれどもその「歯磨きのし過ぎ」がさらなる黄ばみに繋がっているケースもあります。

例えば歯磨き粉に研磨剤が入っていれば、研磨剤入りの歯磨き粉と固い毛の歯ブラシで歯をゴシゴシとこすることになります。強い力になるとその摩擦も大きくなります。そうすると歯の表面にキズがついてしまいます。歯の表面についた傷に汚れがこびりついて沈着することで、さらなる黄ばみに繋がっていくのです

4.歯の表面の汚れ

歯磨きの仕方も影響してきます。ササッとなでるだけで歯の表面のケアを終わらしている、歯磨きの時間が短すぎるとなると、汚れが落ち切らないこともあります。エナメル質で覆われている歯というのは、きちんとケアできていれば、ツルツルとした感触を舌で確認できます。舌で自分の歯を触ってみて、歯の表面がザラザラとしていると感じたら、歯磨きで汚れを落とし切れていない証拠です。その蓄積で黄ばみや口臭の原因になるのです。

5.加齢によるもの

そもそも歯というのは白いツヤツヤしたエナメル質でおおわれています。その下には黄色っぽい象牙質があります。毎日歯磨きをしていくことが大切ですが、歯磨きの積み重ねによりちょっとずつエナメル質がはがれてしまいます。エナメル質がはがれて象牙質が目立ってくるというケースもあります。他にも歯の内側にある神経が加齢により黄ばみが出るとも言われていますよ。

6.歯石による黄ばみ

日々の食事の汚れが歯に付着したままだと、4時間ほどでネバネバした歯垢ができてきます。その歯垢も歯磨きで落としきれなければ、歯石という固いものになってしまいます。この歯石が黄色い着色汚れのように見えることもあるんです。

 

食後の歯磨きはステイン対策としては有効だが、歯を傷付け健康を損なう副作用も

歯磨きにオススメのタイミングについて2つの説があります。2つの説について理由をご紹介していきますので、ホワイトニング効果のためにもぜひチェックしておいてください!

1.食後30分経過してから歯磨きをしたほうがいいという説

食事をした直後の口内というのは、食べ物や飲み物の影響で酸性になっています。その酸性の影響でエナメル質が柔らかくなっています。そのタイミングで歯磨きをしてしまうと、柔らかくなったエナメル質がはがれやすくなってしまいます。そこで食後30分は歯磨きを避けた方がエナメル質を守ることに繋がります

2.食後すぐに歯磨きをしたほうがいいという説

口内は実は細菌だらけです。特にご飯を食べた後というのは食べかすだらけ!細菌はその食べかすをエサにして酸をどんどん作っていきます。そして虫歯のもとがどんどん作られていくのです虫歯のもととなる酸を抑制するために、食事の後はすぐに歯磨きをするべきだとも言われています。

 

歯を傷つけずに白くする方法

歯磨きに研磨剤が含まれていると、確かに洗浄力が高く汚れを削り取ってくれるので即効性は期待できます。しかし一方で歯の表面の傷がつきやすくなるというデメリットもあります。プレミアムブラントゥースは汚れを浮かび上がらせて除去していくタイプの歯磨きです。そのような歯磨き粉の方が歯への傷を抑制ならがホワイトニングしていくことが可能なんです。

続いてご紹介する重要ポイントは、正しい磨き方と歯磨きにかける時間です。歯磨き粉の除去力が強いとしても、ササッと適当に磨いただけでは汚れは落ちません。1つの歯に対して10秒は磨くことが重要だと言われています。上下の歯、さらに裏表となれば磨く面は40か所以上になるでしょうから、歯磨きには最低でも5分はかけるべきだと言えます。

 

正しい歯磨きの方法をご紹介

歯を磨く時に力任せにただゴシゴシと磨けばいいというわけではありません。歯ブラシの握り方や、歯の位置によって磨き方も若干異なってきます。

 

正しい歯ブラシの持ち方

グリップをギュっと握るような、いわゆる「グリップ握り」は、全体をざっくりとブラッシングする際は便利だが、歯肉を痛める恐れも出てくる。「鉛筆握り」にすることでそのリスクを避けられるし、細かなブラッシングもしやすくなるメリットも生まれる。

電動歯ブラシを愛用している場合にはさほどゴシゴシしなくてもいいと思います。けれども普通の歯ブラシならば握り方によっても力のかかり方が変わってきます。私も握り方を意識してみましたが、歯ブラシを握るように持つよりも、鉛筆もちのようにして磨いた方が、歯茎への負担や刺激が少ないのではないかと感じました。

 

歯の表面は歯ブラシを直角にあてる

歯にも裏表がありますが、表側は比較的磨きやすいですよね~表面はけっこうしっかり磨けているという方がほとんどだと思います。ただし歯の尿面以外の歯ブラシを当てにくい部分や位置だと、磨き残しが出やすいので注意すべきです

歯ブラシは歯に軽く圧力をかけるように押し当て、左右に1~2ミリ細かく振動させて磨く。

歯と歯の間や歯茎との境目も忘れずに!

特に歯と歯の間や歯茎の境目といった部分は、磨き残しが出やすい部分です。さらに歯石も溜まりやすい場所です。これらの部位はよく注意しながら磨くことを心がけましょう。

歯と歯肉の境目が歯周ポケット。その歯周ポケットに歯ブラシの毛先を当てて、細かく圧迫振動させながら汚れをかきだすとよい。「ブラシの毛先は常に意識して磨くようにしましょう。ただ、せっかくそのように磨いていても、毛先が広がってしまっていては汚れを落とせないので意味がありません」。

 

実践して効果があった正しい使用方法

STEP1.いつもの歯磨き粉でブラッシングをする

バタバタしている時やめんどうだな~という日にはブラントゥースだけで歯磨きを済ませることもありました。でも、出来るだけ1度目は普通の歯磨き粉で歯を磨くように心がけて、その後にブラントゥースでブラッシングするようにしていました。その場合にはだいたい1~2分程度の歯磨きでした。

STEP2.プレミアムブラントゥースをつけてブラッシング

ブラントゥースのみで歯磨きを済ませた日と比べると、やはり普通に二度歯を磨いた方が歯はツルツルしているように感じました。ブラントゥースのみでもだいたい5~6分くらいかけていました。

間違っても飲み込まないように!

植物オイル配合のプレミアムブラントゥース。オイルプリング効果により口内の清浄化も期待できます。歯磨き後の口内というのは原因菌が溶け出している状態にあるので、飲み込まないように気を付けることも大切です。



ブラントゥース最安値公式サイトはコチラ!

★最安値公式サイトはこちら!★
ブラントゥース